ミネラルってそもそも何?

ミネラルってそもそも何なのでしょうか。

ミネラルは、糖質・脂質・タンパク質・ビタミンと並び五大栄養素のうちの1つとされています。

糖質や脂質は体のエネルギー源となり、タンパク質は臓器や筋肉など体を構成する成分となります。糖質・脂質・タンパク質だけでは、三大栄養素と言われたりもします。

ビタミンやミネラルは、これら三大栄養素の働きを助けるとともに、体機能の調整作用という重要な役割を果たしています。なので、ビタミンやミネラルが不足すると体全体のバランスが崩れ健康状態も悪化します。風邪をひいたらビタミンを摂るというのは、ここからきているのです。

また、食生活の変化から加工食品を多く口にするようになったことにより、個々のミネラルが不足したり逆に過剰となったりと、体内のミネラルバランスを崩してしまう場合もあります。

ミネラル不足が原因で肌の変調やトラブルが発生してしまう可能性があります。ネラル不足は、体の健康だけでなく肌健康にも悪影響を与えてしまいます。ミネラルの中でも、亜鉛・マンガン・マグネシウム・銅・イオウ・ヨウ素などは、肌を健やかに保つために重要なミネラル成分です。

食事で摂るのが理想ですが、難しい場合は、サプリメントを利用するといいでしょう。