現代人はなぜミネラルが不足しているの?

現代人はなぜミネラルが不足しているのでしょうか。

現代人のミネラル不足の原因として、見逃せないのが食生活の変化です。現代人の食事は昔に比べてミネラルが少なめです。

米・小麦・砂糖など、一般的にどんな食品でも、精製が進むほどミネラルは失われていってしまいます。より食べやすくおいしいもの、と食品が精製される一方で、含まれるミネラル量は減少してしまっているのです。

インスタントやレトルトなど、加工食品の存在もミネラル不足の原因になります。

多くの清涼飲料水や加工食品には、添加物として「リン酸塩」が加えられています。リンもミネラルですが、むしろ過剰摂取が問題になっている栄養素です。多く摂り過ぎるとカルシウムの吸収を妨げてしまう恐れがあるのです。

カルシウムとリンは1:1の割合で摂るのが理想とされています。ですが、現代の食事はリンの摂取量が多く、カルシウムの摂取量が追いついていないのです。

加工食品が多い食事のときには、手軽なサプリメントなどでカルシウム補給を心がけるといいでしょう。

サプリメントの中には、数種類のミネラルがバランスよく入っているものや、ミネラルの吸収率をアップするものを加えたものが市販されているのでとても便利なのです。